京都 生協 チラシ - 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

チラシ 京都 生協 活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

さいごにドキュメンタリー映画「ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション~真の代償~」が上映されました。

  • 今年度のテーマは「広げよう地域へ!つなげよう世代を超えて!」と題し、午前・午後の二部構成で開催しました。

  • 京都府府民生活部・磯崎弘規副部長が開会のあいさつ。

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

2016年度京都消費者問題セミナーのご案内 日 時:2016年10月20日(木)13:30~16:30 会 場:コープ.イン.京都2階 201、202号室 テーマ:「科学まがい」にふりまわされないために~それってほんとうに体にいいの?~」 講師:菊池 誠氏(大阪大学サイバーメディアセンター教授) 主催:京都府、コンシューマーズ京都、京都消費者契約ネットワーク、消費者支援機構関西、京都生活協同組合、京都府生活協同組合連合会 後援:京都市 私たちの身の回りにあるさまざまな「科学まがい」な商品や事柄、広告をよく見かける、芸能人がすすめている、なんとなく体によさそうだなどを理由に購入していますが、本当のところはどうなのか、 日頃疑問に思っていることを専門家のかたから、分かりやすくお話いただきましょう。

  • つづいて、京都生協・eフレンズ担当リーダー・柴田明生氏から報告「京都生協の宅配事業の取組みから~商品案内表示の基本的な考え方~」と、京都府消費生活安全センター・消費生活相談員・三室久枝啓発・教育担当より、報告「インターネットショッピングに関する消費生活相談の現状について」がありました。

  • 京都府主催、京都市後援、企画・運営は適格消費者団体・NPO法人京都消費者契約ネットワーク(KCCN)が担当しました。

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

今年度のテーマは「ほんまはどうなん?食品表示」。

  • 集団的消費者被害救済制度が、2016年10月に施行され、「特定適格消費者団体」の認定を受けるのは、消費者機構日本(COJ)に続いて、全国で2団体目となります。

  • 同ネットワーク・髙嶌英弘理事長が開会あいさつをおこない、長野浩三理事・事務局長が議案提案。

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

学習会は、その奨学金制度の問題の実態と今後の課題について学ぶことを目的に開催されました。

  • はじめに消費者支援功労者表彰のベストサポーター章受賞者のご紹介と伝達式がありました。

  • テーマは「ともに築こう豊かな消費社会~誰一人取り残さない2019~」。

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、縮小しての開催となり、記念講演は行われませんでした。

  • 主催は、京都府、NPO法人コンシューマーズ京都、適格消費者団体NPO法人京都消費者契約ネットワーク(KCCN)、特定適格消費者団体NPO法人消費者支援機構関西(KC's)、京都生協、京都府生協連で、京都市の後援事業。

  • 奨学金問題を考える学習会 開催 2017年2月9日(木)、キャンパスプラザ京都で「どうなる! つづいて適格消費者団体NPO法人消費者支援機構関西事務局 袋井邦昭氏と適格消費者団体NPO法人京都消費者契約ネットワーク事務局 伊吹健人弁護士からそれぞれ活動報告がありました。

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

(10月6日現在33団体が参加) 2017年度京都消費者問題セミナー 開催 10月3日(火)、ハートピア京都で開催され、50人が参加しました。

  • 京都府生協連から、右近裕子生協活動推進専門委員、酒向直之事務局長が出席しました。

  • 会員生協役職員30人が参加しました。

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

第3部では、捨てられている食料を救いだし、おいしい料理に変身させようと考えた食材救出人を描いたエンターテイメント・ロードムービー「0円キッチン」が上映されました。

  • 公正な事業活動と市場のために日々活動しているお話と、最近の広告・表示の傾向、消費者はどのような点に注意したらよいかについて、わかりやすくお話いただきました。

  • 6月24日(土)には、 KC'sの2017年度通常総会が、新大阪丸ビル別館で開催されました。

活動のご案内|京都府生活協同組合連合会

壁新聞交流会には京都から、京都消費者契約ネットワーク(KCCN)や京都府消費生活安全センターなど4団体が出展参加、実行委員会には、京都府生協連も参加しました。

  • つづいて第2部「食品ロスを家庭から考えるフォーラム」では、京都大学地球環境学堂准教授 浅利美鈴氏より基調報告をいただいたあと、福井県安全環境部循環社会推進課 大石光紀氏、京都市循環型社会推進部ごみ減量推進課2R推進係長 小野 理恵氏、NPO法人セカンドハーベスト京都 理事 向山文章氏、公益財団法人京都市環境保全活動推進協会 谷内田友寛氏よりそれぞれ取り組んだ事例報告がありました。

  • また、特定適格消費者団体に認定されたことが片山副理事長より報告され、消費者市民社会の実現に向けた新たな使命・ミッションについても確認しました。




2021 qwinix.net